冥王星へ連れてって

涙のふるさとをみつけたい ずーっと探しながら彷徨ってます。

冥王星へ連れてって イメージ画像

食べ歩き:京都

上賀茂神社へ初詣に行った帰り道。 北山駅のすぐ近くにマールブランシュ北山本店があるので、立ち寄りました。 お菓子はもちろん買って帰るつもりでしたが、 とりあえずティーブレイクをしたかったので、イートインスペースの順番待ちに並ぶことに お菓子の購入
『@マールブランシュ 北山本店でティーブレイク♪』の画像

~京都・伏見~ お花見に京都・伏見に行ったついでに伏見の酒蔵にも行きました。 まずは、全国の酒蔵の中でも特に古い歴史をもつ酒造メーカーのひとつ、月桂冠が公開している 月桂冠大倉記念館。 こちらへは2008年12月6日以来でした。 月桂冠の酒樽。 今日は試飲などは
『お花見('2012)①~京都・伏見の酒蔵めぐり(月桂冠~黄桜)』の画像

京都の大学に4年間一緒に通った友人と、久しぶりに京都で会いました ランチに選んだお店は、 オーべックファン 意訳すると、「美食家」という意味らしい 先斗町は、敷居の高いお店も多いけれど、意外とそうでも無かったりします。 これまでにお邪魔したお店は、どこも親
『京都・先斗町のフレンチレストラン@Au Bec Fin(オーベックファン)』の画像

伏見稲荷の帰りに、伏見桃山の方まで散策に来ました。 伏見の酒蔵がたくさんある周辺に、 総面積二百坪の巨大な酒蔵を改装した日本酒レストランがあります。 月の蔵人 (つきのくらびと) 今日はこちらで食事をすることに。 外観は、酒蔵そのまままのよう。 でも、趣
『伏見の酒蔵のまちへ~酒蔵を改装した居酒屋@月の蔵人』の画像

京都までランチを食べに行って来ました 梅田から阪急京都線で河原町まで約45分。 最近の特急は停車する駅が多過ぎる 昔は十三、烏丸しか停まらなかったはずなのに・・・。 さて、ランチに行ったお店はここ 京都高島屋 鼎泰豐。 ニューヨークタイムズ紙で世界の10大レストラ
『京都ランチ@鼎泰豐(ディンタイフォン)京都高島屋店』の画像

京都へ行って来ました。 ただ、あてもなくぶらぶらと古い街並みを歩くだけの「散策」でした 四条河原町から四条通りを歩いて、四条烏丸の方向へ。 大丸百貨店の手前の筋を右に。 高倉小学校の前を通って、京都文化博物館の手前で折れてUターン。 中京区堺町三条通りの
『京都散策~四条通から三条通』の画像

今日で3度目の訪問です もう「行きつけのバー」ってっちゃってもいいでしょうか 京都に行くと、必ず行くお店。 京都・花見小路にある、隠れ家的バー ぎをんフィンランディアバー まず、最初にいただくお酒は、決まっています。 今一番気に入っているお酒。 Stone's
『行きつけにしたいBar@ぎをんフィンランディアバー』の画像

三月に入ってから暖かい日が続いています。 そんな小春日和の陽気の京都も、週末と春休みが重なってか、人出が多かったです。 今回京都に遊びに行ったのは、観光ではなくとある目的があったので、夕方から出向きました。 待ち合わせの時間まで少しあったので、錦
『初春の京都散策①~錦市場と@鼎泰豐(ディンタイフォン)』の画像

一見、普通のお家に見えますね・・・。 でも、ここは・・・ 京都・花見小路にある、隠れ家的バー。 ぎをんフィンランディアバー 町屋の格子戸を開けると、そこは土間。 そしてさらにドアを開けると、そこは広いカウンターのバー。 最初に連れて行ってくれたDさん、
『お気に入りのBAR~@京都・祇園【フィンランディアバー】』の画像

秋の京都も良かったけれど、冬の京都も風情があって良かったです 成人の日(14日)に京都を散策してきました。 この日は寒かった 雪もちらほら降っていたみたいです まず最初に向かったのは、 南禅寺 成人式を終えて、お参りに来ていた女性たちの姿も。 こ
『成人の日の小雪舞う京都散策~南禅寺、平安神宮』の画像

お腹いっぱいになったので、腹ごなしに歩くことに・・・。 そう。 今日の一番の目的の場所へ・・・。 松之助~平野顕子のパイとケーキのお店 京都ご出身の平野顕子さんが、アメリカ留学中にお菓子作りを勉強されて、 帰国後お店をオープンされたそのいきさつなどを、以
『京都散策②~松之助のアップルパイ』の画像

先月の清水寺に続いて、この秋二回目の京都。 紅葉の見頃が遅れている今年は、京都も例年に比べて人が少ないように思いました。 この日も、日中は汗ばむくらいの陽気でした。 この日京都に遊びに行ったのは、ある一つの目的がありました。 その場所に向かう前に、まず
『京都散策①~花見小路通・十二段家でランチ』の画像

縁切寺へ行った後、清水寺へと向かいました。 お天気があまり良くなかったのと、連休最終日だったからでしょうか。 思ったよりもあまり人出は多くありませんでした。 しかし、「ここは異国?」と勘違いしそうになるくらい、
『初秋の京都②~清水寺へ』の画像

↑このページのトップヘ