冥王星へ連れてって

涙のふるさとをみつけたい ずーっと探しながら彷徨ってます。

冥王星へ連れてって イメージ画像

和食

秋の旬の食材と言えば、秋刀魚 今年は秋刀魚が大漁だということで、今年は秋刀魚が美味しく安く、食べられると思っていました。 が、北海道を襲った地震の前後から不漁に転じ、価格が上昇しているとのこと。 せっかく旬を迎えた秋刀魚なのに・・・ この先も水揚げ量が減少
『フィッシュロースターで焼く、旬の「秋刀魚の塩焼き」』の画像

これまで自我流で作っていた鯛めし 私がこれまで炊飯器で作っていた「炊き込み鯛めし」は、 研いだお米に水を入れ、出汁昆布と、 塩を振っただけの生の鯛の切り身をそのまま上に乗せるといったやり方でした。 年始初の家庭料理は「鯛めし」 by mi__mi でも、さっと皮目
『炊飯器で作るシンプルで簡単な「鯛めし」』の画像

大根まるごと一本、いただいたので、豚バラ大根を作りました 夏大根なので、本当は卸して食べる方が向いているんでしょうけど、 なかなか消費できないでいると、「ス」が入ってしまうので、消費消費 クックパッドで教えてもらった作り方が、 「大根と豚肉を別々に煮る」と
『豚バラ大根』の画像

アカガレイの主な産地の漁期は、北海道が通年、鳥取県では9月から翌5月、 福井県では底びき網漁が解禁となる9月初旬から4月下旬(越前町では9月から2月)、 京都府では11月から3月となっています。 11月にはズワイガニ漁も解禁となり一段と漁獲量が増えるようです
『子持ち赤カレイの煮付け🐟(リベンジ偏)』の画像

「半兵衛麩」の花びら麩と豆腐の卵とじ 創業元禄二年の京都・老舗の半兵衛麩。 こちらの生麩を使いました。 包丁を水で濡らしてから切ると、綺麗に切れます。 生麩は、「もみじ麩」や「さくら麩」など季節感を表すために、京料理に欠かせない素材です。 今日は、「花びら
『京都老舗・半兵衛麩のなま麩「花びら麩」🌼』の画像

春は、豆ご飯が食べたくなる季節 「豆ご飯」と言えば、大阪では豆ご飯には「ウスイエンドウ」を使います 「ウスイエンドウ」はグリンピースの品種の1つ。 大阪府羽曳野市の旧碓井村でグリンピースを品種改良して生まれたものだそうです。 ウスイエンドウの豆ご飯 ①剥い
『うすいえんどう豆の豆ご飯』の画像

春の訪れを感じさせるたけのこ料理。 京都では、わかめと煮る「若竹煮」や「たけのこご飯」が、普段の食卓でもよく並びますよね。 日本一と名高い「京たけのこ」。 京たけのこは、色の白さから「白子たけのこ」とも呼ばれ、独特の風味があるそうです。 そんな「京たけの
『「京たけのこ」を使った、たけのこご飯』の画像

鱒寿司(ますずし)は、富山県の郷土料理。駅弁としても知られ、 鱒(サクラマス)を用いて発酵させずに酢で味付けした押し寿司(早ずし)の一種。 表記は必ずしも一定せず、ます寿し、ますの寿し、鱒の寿司などとされることも多いが、 すべて同様のものを指している。 Wiki
『越中富山名産「源(みなもと)のますのすし」』の画像

魚の煮付けを家でうまく作れなくて、これまで敬遠がちでした。 なので、魚は焼き魚にして食べるばかりで、煮魚を食べたくても食べられないでいました でも、クックパッドで簡単に上手にできる技を教えてもらい、 ついに上手く魚の煮付けを作ることに成功しました ①かれい
『赤カレイの煮付け🐟』の画像

アサヒ スーパードライ ドライブラック アサヒスーパードライは、夏場はよく飲みますが、 アサヒ スーパードライのドライブラックは、冬場に飲むと、かなり美味しい もともと、黒ビールが好きなので、ドライブラックは好きなビールではありました。 でも、普段はあまり飲む
『Asahi DRY BLACK~ビアホール仕立ての黒~』の画像

今週、一気に気温が下がり、朝晩はとくに寒くなりました。 ということで、今シーズン、初おでんです ちくわばかりが目立ちますが、 大根や厚揚げ、糸コンなどは底の方にあります。 牛すじはたくさん入れました。 暖まる~ にほんブログ村 おうちごはん おうちでご
『今シーズン、初おでん🍢』の画像

普段からよく作る筑前煮。 秋仕様の筑前煮にしてみました。 さつまいもと、紅葉の色形をした生麩を入れてみました でも、まだ暑いから、枝豆とビールも にほんブログ村 おうちごはん おうちでごはんっ!!
『筑前煮~秋仕様~』の画像

たけのこご飯 春になると、食べたくなるたけのこご飯。 今年も作りました 今まで作ってきた調理法だと、味が薄くて筍が硬かったりしたので、 作り方を変えました。 ①水200gに塩を入れ沸騰させ、そこに好みの大きさに刻んだ茹で筍、酒、薄口醤油、みりんを入れ、 3分
『今春も、たけのこご飯^^』の画像

北浜 いしころ いつもの三人でのごはん会 今回は、和食屋さんで美味しい和食三昧でした。 お造りも新鮮で、どれも美味しかった 北浜 いしころ 関連ランキング:居酒屋 | 北浜駅、堺筋本町駅、なにわ橋駅
『大阪・北浜の美味しい和食処@いしころ』の画像

しもたや 福島店 (下町大衆酒場しもたや) お店のジャンルは「魚介料理・海鮮料理、居酒屋、もつ鍋」なのですが、 店名の通り、「下町大衆割烹」という名目が一番合っているなって思いました。 だって、料理は一級品なのに、リーズナブルなのです 矗々家 や黒べこ屋、京
『リーズナブルな割烹料理「下町大衆酒場」@しもたや 福島店』の画像

みやもと 本店 土曜日の夕方。 お店を決めずに三宮駅前界隈で、夕食をとる店を探していました。 何軒か、行き当たりばったりで暖簾をくぐってみましたが、どこもいっぱいでした。 どんどん寒くなってきたので、温かい和食が食べたくなり、 次に暖簾をくぐったお店がこち
『美味しい海鮮料理に鯛めしで〆@割烹 みやもと本店(三宮)』の画像

先日の「きのこご飯」に続いて、今日も秋の味覚を 今年初の栗ごはんを炊きました 栗の色を見てもらったら分かるように、この栗は「炊き込みご飯用」に処理された味付きの栗です。 だから、着色された真っ黄色なので、生の栗のような色ではありません。 色見は綺麗ですが、
『秋の味覚~栗ごはん🌰』の画像

「水炊き」。 今では、家庭でもいろんな鍋物を作るみたいですが、 私が子どもの頃は、家でお鍋をすると言ったら、「すき焼き」か「水炊き」の二者択一しかなかったような気がします。 すき焼きは、子どもながらに「ご馳走」っていう気がしていました。 水炊きは、
『「これぞ博多の水炊き!」@博多味処 水たき いろは  宗右衛門町店』の画像

割鮮 吉在門 東通り店。 「甲子園へ野球観戦に行った帰りに行くお店」 として私たちは活用させてもらっています 阪神のユニホームを着たまま行ったりするので、 お店の方も、「今日は(阪神)勝ちました?」と聞いてこられます さすが、大阪の居酒屋 いつもナ
『今年も甲子園の帰りはここがイイ(´∀`)b~@吉在門 東通り店』の画像

とれたてのたけのこをいただきました 兄が、仕事のお得意様から頂いたものを、母が茹でて、 それを私がたけのこご飯にして炊き込み、食べました それはそれは、美味しいたけのこでした お刺身でも食べられたかも。 たけのこご飯が主役だったので、 汁ものはあさりのお
『たけのこご飯と白滝の明太子和えとひじきの煮物』の画像

鶏そぼろと炒り卵丼 「鶏そぼろと炒り卵の二色丼」はよくありますよね。 それの変りバージョンです それぞれ別に作るのではなく、同じフライパンで混ぜ合わせてしまうので、 時短で作れて、フライパン一つで作れちゃいます 作り方はこちら 鶏そぼろと炒
『鶏そぼろと炒り卵の混ぜ混ぜ丼🍚』の画像

御断り 旅行記はまだ途中です。 今後もまだまだ続きますが、一度に全部書けないので細々と書いていこうと思います。 □■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□
『2月ももう終わり・・・。和食で〆』の画像

酒粕汁には、豚肉か鮭を入れることが多いですが、 今回は鰤を入れてみました そして、鰤の照り焼き&ハマチの刺身。 ブリとハマチは、大きさや地方によって呼び名が変わりますね。 一見、どちらも同じに見えなくもないですが、 80cm 以上のものは関東・関
『ブリとハマチ<゜)))彡』の画像

胃腸の調子が戻らないまま、かれこれ一週間・・・。 普通に食事は出来てるので、たいしたことはないんだけど・・・ アルコールは控えめにして、胃薬もまだ手放せない状態 昨日、一昨日と洋食が続いたので、今日は和食にしました。 鰤と大根をあっさりと煮付け
『胃腸にやさしい和食~鰤と大根のあっさり煮』の画像

鯛出汁茶漬け 昨日炊いた「鯛めし」の残りに出汁をかけて出汁茶漬けにしました 美味しい~ にほんブログ村 にほんブログ村 おうちごはん
『鯛出汁茶漬け☆.。.:*・°』の画像

↑このページのトップヘ