冥王星へ連れてって

涙のふるさとをみつけたい ずーっと探しながら彷徨ってます。

冥王星へ連れてって イメージ画像

お家グルメ

秋の旬の食材と言えば、秋刀魚 今年は秋刀魚が大漁だということで、今年は秋刀魚が美味しく安く、食べられると思っていました。 が、北海道を襲った地震の前後から不漁に転じ、価格が上昇しているとのこと。 せっかく旬を迎えた秋刀魚なのに・・・ この先も水揚げ量が減少
『フィッシュロースターで焼く、旬の「秋刀魚の塩焼き」』の画像

【台風21号、各地に傷痕残す】 台風21号が西日本を縦断してから一夜が明けました。 昨日の台風は、これまで私が記憶にある中では最大規模の台風だったと思います。 午前中は、風や雨が多少ある程度でしたが、 午後になってから急激に雨も風も強くなってきました。 午
『台風21号、各地に傷痕残す』の画像

これまで自我流で作っていた鯛めし 私がこれまで炊飯器で作っていた「炊き込み鯛めし」は、 研いだお米に水を入れ、出汁昆布と、 塩を振っただけの生の鯛の切り身をそのまま上に乗せるといったやり方でした。 年始初の家庭料理は「鯛めし」 by mi__mi でも、さっと皮目
『炊飯器で作るシンプルで簡単な「鯛めし」』の画像

ルイ・レオナール ブラン・ド・ブラン ブリュット 名前も、ボトルも、フランス産スパークリングワインらしく、エレガント ワインの特徴は・・・ ■タイプ:泡、白、辛口 ■格付:ヴァン・ムスー ■品種:ユニ・ブラン、コロンバール、シャルドネ、マスカット、セミヨン
『フランス産スパークリングワイン「ルイ・レオナール ブラン・ド・ブラン ブリュット(LOUIS LEONARD Blanc de Blancs.)」②』の画像

ルイ・レオナール ブラン・ド・ブラン ブリュット 名前も、ボトルも、フランス産スパークリングワインらしく、エレガント ワインの特徴は・・・ ■タイプ:泡、白、辛口 ■格付:ヴァン・ムスー ■品種:ユニ・ブラン、コロンバール、シャルドネ、マスカット、セミヨ
『フランス産スパークリングワイン「ルイ・レオナール ブラン・ド・ブラン ブリュット(LOUIS LEONARD Blanc de Blancs.)」①』の画像

Terra Nossa(テッラ・ノッサ)ヴィーニョ・ヴェルデ ラベルには、ポルトガルはリスボンの街が風景になっていて、 ギターとリスボンの街を走る路面電車が描かれています。 ポルトガルの民族歌謡「ファド(fado)」が聴こえてきそうな美しい絵です。 「ヴィーニョ・ヴェル
『夏限定の爽やか微発砲ポルトガルワイン「Terra Nossa(テッラ・ノッサ)ヴィーニョ・ヴェルデ」』の画像

THE軽井沢ビール -浅間名水プレミアムクリア- 本場ドイツから直輸入の上質な麦芽と、ヨーロッパアロマホイップを、 軽井沢浅間山の冷涼名水で仕上げたというプレミアムなビール。 ラベルには、日本画家・千住博画伯の「星のふる夜に」の美しい絵画を用いたデザイン。 華や
『THE軽井沢ビール-浅間名水プレミアムクリア-(軽井沢ブルワリー)』の画像

京都の夏の風物詩といえば「鱧(ハモ)」。 まさに今が旬ですね。 産卵前のこの時期は、脂がのり、梅雨時の水をたっぷり飲んで美味しくなるんだそうです。 これから盛夏に向かってどんどん脂がのり、秋の名残りの時季まで楽しめますね。 そして、京都の夏と言えば、祇園
『京の夏の風物詩「鱧しゃぶ」~♪』の画像

アサヒ生ビール 1900年に大阪麦酒から発売され、100年を超え受け継がれる生ビールブランド『アサヒ生ビール』 ~樽生ビールの全国展開開始及び、缶を期間限定発売~ということで、 『アサヒ生ビール』の缶350ml・500mlが、2018年5月15日(火)に期間限定で発売されました。
『期間限定「アサヒ生ビール」』の画像

1865年創業の老舗ブランド「MOMMESSIN(モメサン)」の赤ワイン COTES-DU-RHONE Rouge(コート・デュ・ローヌ・ルージュ)2015 原産国:フランス 生産地:フランス コート・デュ・ローヌ その他コート・デュ・ローヌ ワイナリー:モメサン 品種:グルナッシュ/サン
『フランスワイン「MOMMESSIN COTES-DU-RHONE Rouge(モメサン コート・デュ・ローヌ・ルージュ)2015』の画像

トップバリュ リゴル エクセレンシア ブリュット(TOPVALU RIGOL EX Brut) 生産者名:Eaon Topvalu (イオントップバリュ株式会社) 原産国名:スペイン 【サクラアワード2015ゴールド受賞】シャンパンと同じ製法で造ったスパークリング。 イオンのワイン専門サイトAEON d
『トップバリュ リゴル エクセレンシア ブリュット(TOPVALU RIGOL EX Brut)』の画像

ザ・プレミアム・モルツ「香るエール」 フルーティーな味わいと爽やかな香りが特徴の「エールビール」。 ラガービール(プレモル、プレモル黒)が下面発酵酵母を使用し、低温(6℃~15℃)で発酵しているのに比べ、 エールビールは上面発酵酵母を使用し、やや高めの温度(
『ザ・プレミアム・モルツ「香るエール」』の画像

大根まるごと一本、いただいたので、豚バラ大根を作りました 夏大根なので、本当は卸して食べる方が向いているんでしょうけど、 なかなか消費できないでいると、「ス」が入ってしまうので、消費消費 クックパッドで教えてもらった作り方が、 「大根と豚肉を別々に煮る」と
『豚バラ大根』の画像

アカガレイの主な産地の漁期は、北海道が通年、鳥取県では9月から翌5月、 福井県では底びき網漁が解禁となる9月初旬から4月下旬(越前町では9月から2月)、 京都府では11月から3月となっています。 11月にはズワイガニ漁も解禁となり一段と漁獲量が増えるようです
『子持ち赤カレイの煮付け🐟(リベンジ偏)』の画像

ニッスイのオイル・サーディン(110g缶詰)を使って、オイルスパゲティーを作りました もともと私、鰯という魚はあまり好きではありませんでした。 小骨が多く、苦い魚という悪いイメージが子どもの頃からあって、 大人になってからもそのイメージがずっと抜けず、料理す
『イワシのオイルスパゲティー🍝』の画像

「半兵衛麩」の花びら麩と豆腐の卵とじ 創業元禄二年の京都・老舗の半兵衛麩。 こちらの生麩を使いました。 包丁を水で濡らしてから切ると、綺麗に切れます。 生麩は、「もみじ麩」や「さくら麩」など季節感を表すために、京料理に欠かせない素材です。 今日は、「花びら
『京都老舗・半兵衛麩のなま麩「花びら麩」🌼』の画像

春は、豆ご飯が食べたくなる季節 「豆ご飯」と言えば、大阪では豆ご飯には「ウスイエンドウ」を使います 「ウスイエンドウ」はグリンピースの品種の1つ。 大阪府羽曳野市の旧碓井村でグリンピースを品種改良して生まれたものだそうです。 ウスイエンドウの豆ご飯 ①剥い
『うすいえんどう豆の豆ご飯』の画像

春の訪れを感じさせるたけのこ料理。 京都では、わかめと煮る「若竹煮」や「たけのこご飯」が、普段の食卓でもよく並びますよね。 日本一と名高い「京たけのこ」。 京たけのこは、色の白さから「白子たけのこ」とも呼ばれ、独特の風味があるそうです。 そんな「京たけの
『「京たけのこ」を使った、たけのこご飯』の画像

鱒寿司(ますずし)は、富山県の郷土料理。駅弁としても知られ、 鱒(サクラマス)を用いて発酵させずに酢で味付けした押し寿司(早ずし)の一種。 表記は必ずしも一定せず、ます寿し、ますの寿し、鱒の寿司などとされることも多いが、 すべて同様のものを指している。 Wiki
『越中富山名産「源(みなもと)のますのすし」』の画像

↑このページのトップヘ