日本料理・串揚げ「なにわ橘」大阪新阪急ホテル


昨年の7月以来、今回で3度目の利用です。
一番最初に来店させてもらった昨年の11月は、「串揚げセット【 梅 】 <串10本>」(¥3800)のコースでした。
2度目は、会席コースに+串揚げ3種の特別メニューでした。


そして今回は、お店が「天ぷら会席」にリニューアルされてから初めての利用だったので、
「天ぷらコース【 梅 】」(¥4200)のコースで予約しました。

二回とも可動式のパテーションで仕切られた個室でしたが、
今回は予約が遅かったからか、個室は予約できませんでした。
初めてのテーブル席。
お隣の席にいた女性3人グループの喋り声が大きくて煩かったのが残念でしたが、
それ以外は文句なし。
天ぷら会席のお店に変わっても、お料理は美味しく、接客も良かったです。


お料理は・・・
1844
【先付】の「山芋よせ 蛸洗い オクラ」
一見、胡麻豆腐のような見た目と食感でしたが、お味は山芋でした。
美しい先付けでした。


お造りは、
1852
「油目焼霜つくり 土佐醤油」

1852-2
「焼き霜作り」というのは、 節切りにした身に金串を打ち、表面だけ強火で焼き、
氷水に取って冷やすお刺身のことだそうです。
魚は、土佐の鰹でした。
旬のお魚。 しかも、焼霜作りのお刺身は好みでした。



そしてここからが天ぷらです。
まず、
1903-1
「海老2本」と「うすい豆もち粉揚」

1903-2
天つゆとお塩、どちらでも好みで。

1903-3
海老は頭もカリッとしていて美味でした。
うすい豆の天ぷらも初めて食べました。
「うすい豆」というのは「うすいえんどう豆」のことで、関西では春によく食べる食材の一つです。


次は、
1912
「金目鯛扇揚」と「牛蒡雲丹揚」
こちらも珍しい天ぷらです。
でも、言われなけらば「金目鯛」であることも「牛蒡」「雲丹」であることも、正直分かりません。
口にして初めてわかるという意味では面白いけれど。


次も旬の食材です。
1920-1
「蛍烏賊黄金揚」と「たらの芽白仙揚」

1920-2
ホタルイカは大好きです。
天ぷらにしても「ホタルイカ」ってわかる可愛らしいいで立ち。

1921
たらの芽も、天ぷらには付き物ですね。


天ぷら最後の2種は、
1936-2
「筍海老挟み揚」と「桜海老と三つ葉かき揚」

1936-1
旬の筍も、天ぷらにするのが一番おいしいですね。

DSC_3717
海老のすり身と青海苔を合わせたものを挟んであるのかな?

1935
桜海老と三つ葉のかき揚げも、彩が綺麗で可愛らしい一品です。
天ぷらの〆に相応しいですね。

※ちなみに、訪問させてもらったのは5月半ばでしたので、
春の食材を使った天ぷらでしたが、
夏でしたら、「穴子」や「茄子」などの食材を使った天ぷらメニューのようです。
季節ごとに訪問すると、楽しいでしょうね。



お料理最後の一品は、
1944
「揚げ生麩湯葉餡掛け」
生麩も湯葉も、京料理でよく出される食材ですね。
上品で美味しい一品でした。


デザートは水菓子でした。


串揚げも美味しかったけれど、天ぷら会席のお店って梅田にはあまりないので、
これからも重宝できそうで嬉しいです。

ごちそうさまでした


にほんブログ村 グルメブログ

にほんブログ村 トラコミュ 阪神間のおいしいお店集合へ
阪神間のおいしいお店集合






関連ランキング:串揚げ | 梅田駅(阪急)梅田駅(大阪市営)大阪駅


食べログ グルメブログランキング