冥王星へ連れてって

涙のふるさとをみつけたい ずーっと探しながら彷徨ってます。

冥王星へ連れてって イメージ画像

2015年05月

片岡愛之助、熊切あさ美と別れて藤原紀香と?!ドロドロ三角関係か? 毎日、新事実が出てくるし。 私の大好きな愛之助さん。 こんなゴシップで今、世間を騒がしている。 愛之助ファンとしては、「プライベートなことは放っておいてあげて!」 って言

豚バラ肉と厚揚げの煮浸し 豚バラ肉がブロックでセールになっている時は買うようにしています。 ポトフや煮物に重宝するので 今日は、厚揚げと青ネギとで煮浸しにしました。 キリン一番搾りの神戸づくりを初飲み 山田錦を使った神戸工場限定醸造酒な
『豚バラ肉と厚揚げの煮浸し』の画像

まだ5月だというのに、今年は30度越えの真夏日が続いていますね うさぎさんは人間よりも暑いんだろうなぁ・・・ うさんぽ(お部屋でさんぽ)の時は、 窓を開けた方へ行って足を伸ばしてごろりんするようになりました。 お外が気になるのか、窓から外
『今日から冷んやりマットで🐰』の画像

テレビなどでも紹介されて、巷で「美味しい」と有名なヘルメスソース。 大阪市東住吉区にある石見食品工業所(いわみしょくひんこうぎょうしょ) という調味料メーカーが製造しているソースです。 大阪では「幻のソース」と呼ばれているとか 知り合いに頂
『ヘルメスソースでとんかつ&コロッケ』の画像

奈良に行くと、必ずお土産に買って帰ります。 奈良に行かなくても、大阪の百貨店でも売っていますが、 やはり奈良の本店で買うのが嬉しいものなんですよね 「柿の葉寿司」は、いろんなお店のものがありますが、 「柿の葉寿司はたなか」と、昔から母に聞かされ
『奈良に行くと必ず買います~柿の葉すし本舗 たなか本店@五條本店』の画像

ハービスPLAZA ENT5階の山水の技(てんぷらと旨し酒) 揚げたて天ぷらを少しづつ出てくるので、熱々でサクサクの天ぷらが食べられるので気に入っています 最初に来たのが昨年の12月。 二度目が今年の3月。 三度目が去年の8月。 今回は久しぶりの来訪になりました。
『揚げたて天ぷら懐石ランチコース@山水の技(てんぷらと旨し酒)』の画像

京丹後旅行で、舞鶴・赤れんがパークに行った時に買ったお土産が、 舞鶴赤煉瓦カレー&海軍さんのカレー 舞鶴赤煉瓦カレー 海軍さんのカレー 日本の国民食・カレーライスは、海軍がその発祥といわれています。 明治期に海軍がカレーを取り入れて以来、現在でも海上自衛隊
『舞鶴赤煉瓦カレー&海軍さんのカレー』の画像

そばめし 初めて作ってみました 市販の焼きそばと、ご飯を炒めて、好みで上に半熟卵を乗っけて出来上がり 焼きそばを細かく切って、野菜は好みで玉ねぎやキャベツ、ネギなどを。 焼きそばも、細かくみじん切りに切るよりは、 粗めに切った方が美味しいかと
『お家でそばめし』の画像

今日は暑かった …こんな暑い日に、何故か・・・ 「煮込みうどん」 具材は、大根、人参、薄揚げ、鶏肉。 お餅と卵も投入! 片栗粉で出汁にとろみをつけたので、余計に熱々 熱々のうどんと冷え冷えのビールがまたおいしい にほんブロ
『暑いのに、煮込みうどん(・_・;)』の画像

スーパーでこの時期限定で、生しらすが販売されています。 関西だと、淡路島産の生しらすが有名です。 気候によって左右されるのでしょう。 いつも売っているとは限らないので、 売っていたら、即買い 今日は、びんちょう鮪もお安かったので、一緒に丼に
『生しらす丼』の画像

蟹のあんかけ炒飯 初めて作ってみました。 炒飯を作って、レトルトの「蟹の身餡」をかけただけですが それと、麻婆豆腐&春雨サラダ すごい量になってしまい、お腹が満腹に にほんブログ村 にほんブログ村 おうちごはん
『蟹のあんかけ炒飯』の画像

長楽館カフェ 昔から目の前を何度も通りながら、 中には入ったことがなかったカフェ。 京都の大学に通っていた頃からの憧れの洋館でした 八坂神社のすぐ近くにあるので、京都を訪れたことのある人なら ほとんどの人が知っている建物なのではないでしょうか。
『明治の洋館で優雅なティータイム@長楽館カフェ』の画像

毎年5月のこの時期に、同じ5月誕生日の友人と二人でお祝いを兼ねて食事会をすることになっています 去年は、祇園 Abbessesでフレンチを食べました 今年はどこ行こう?なに食べよう?と相談したところ、 「和食がいいな」と言う友人のリクエストに応えて、和食のお店を探
『京都の老舗料亭の点心ランチ@彩席ちもと』の画像

ひごペット クラウンパーク伊丹店に行くと、 いつも道路を挟んだ向かい側にある「お好み焼・鉄板焼き」の店が気になっていました。 そして今日、ついに食べに行ってみました 錦わらい伊丹池尻店。 「わらい焼き」。 どこかで聞いたことがあるなぁと思って、
『京都生まれのお好み焼風「わらい焼き」を@錦わらい伊丹池尻店』の画像

カフェ ド パン (Cafe du Pin) 天橋立運河のほとりにあるカフェ テイクアウトもできるようになっているので、まずはカウンターでオーダーと精算を済ませ、 好きな席で待ちます。 美しい水面が目の前にある窓際の席へ。 回旋橋や松並木を見ながらゆっくりお茶タイム
『天橋立名物「オイルサーディンサンド」@カフェ ド パン (Cafe du Pin)』の画像

「海の京都・京丹後」旅行vol.5~「日本三景」天橋立からの続きです。 傘松公園へ向かうために、ケーブルカーに乗りました。 傘松公園に向かうには、ケーブルカーと並行してリフトもあります。 切符はケーブルカー、リフト共通となっていて、どちらに乗ってもいいので、 上
『「海の京都・京丹後」旅行vol.6~天橋立 傘松公園』の画像

はしだて茶屋 天橋立の国定公園内にあるお食事処です。 観光船乗り場の係り員さんにおすすめの食べ物、お店を尋ねたところ、 こちらの「あさり丼」を勧められました。 大天橋を渡ってすぐのところにあり、松林の中にとけ込み、風流がありました。 ただ・・・ 人気がある
『天橋立名物「あさり丼」@はしだて茶屋』の画像

京丹後旅行二日目は、「日本三景」の一つ、 天橋立へ行きました。 およそ1万5千年前に海面が上昇して変動が起こり、 砂州が形成されて現在の神秘的な形になったと言われる天橋立。 そんな大自然が生み出した神秘的な伝説と共に、 ロマンティックな神話がエピソードになって
『「海の京都・京丹後」旅行vol.5~「日本三景」天橋立』の画像

前日はお天気が悪くて夕陽は拝めなかったけれど、 翌朝は雲一つないいいお天気 お部屋からも海が見えました 朝食を食べて、チェックアウトを済ませて、早速海岸に行きました 青い空と青い海のコラボ とってもきれい さらに砂浜も綺麗 向こうには島も見えました
『「海の京都・京丹後」旅行vol.4~夕日ケ浦海岸』の画像

京都府京丹後市網野町。 全長8kmにも及ぶ美しいロングビーチと、美しい夕日、そして天然温泉が人気の 夕日ヶ浦。 京丹後一泊旅行の宿泊地はこちらで 民宿 夕日館 ゴールデンウィーク中だったにもかかわらず、和室12畳のお部屋で、部屋食で、 一人1万2千円弱という安値で
『夕日ケ浦海岸を望む絶景宿で春海鮮づくし🐟@民宿夕日館』の画像

五老スカイタワー 舞鶴のほぼ中心に位置し、標高301mの高さを誇る五老岳。 五老ヶ岳山頂に広がる自然公園が、「近畿百景」第一位に選出された絶景がのぞめる五老ヶ岳公園。 五老ヶ岳公園の頂上にそびえる高さ50mの展望タワー。 それが五老スカイタワー。 海抜325m
『「海の京都・京丹後」旅行vol.3~五老スカイタワー』の画像

舞鶴東地区に残る赤れんが建造物・赤れんがパーク は、もともと海軍の軍用保管庫でした。 現在、12棟のうち8棟が国の重要文化財に指定され、 カフェや博物館、イベント会場などに利用されています。 倉庫群の中には、絵になるスポットがたくさんありました。 赤れ
『舞鶴赤れんが@カフェ jazz で海軍カレーライス🍛』の画像

↑このページのトップヘ